緊急事態宣言が解除されても感染リスクは同じ

緊急事態制限が解除されても客は戻らない。現在の状況は新規感染者が減っているに過ぎず、感染者分布は把握しきれていない、無症状病原体保菌者の数も不明、PCR検査数も少ない上、精度100%ではないという現実、治療薬がなく、ワクチンも無い。極めつけが、感染すると重症化し死亡する可能性があり、軽症であっても死にたい程辛い症状であるという現実。加えて、マスクによって感染抑止はできても感染を防ぐことはできないという現実。どれを考えてみても、緊急事態宣言が解除されたからと言って、自粛を辞める理由がない、当面は継続せざるを得ない。

明日は我が身

新型コロナの感染者とその家族、関係者の差別が起こっているそうだが、見えないウィルスの上、本人も感染したくてなったわけでもなかろう。国が移動自粛要請をしているにも関わらず、海外旅行で感染してきた奴ならまだしも、トバッチリで感染した人や、治療に従事した医療従事者の感染者を差別するのはいかがなものか。

新型コロナ軽症

新型コロナの軽症患者多数って表現、変えた方がいい。一般的に軽症っていうと大したことないって誰でも思う。でも新型コロナの軽症はかなり辛いらしい。若いと、軽症、軽症って言ってると、どうせ軽症っと思って出歩くやつはいる。

緊急事態宣言の解除

緊急事態宣言が解除される根拠に疑問がある。

5月6日は延長されると思う。むしろ来年くらいまで続くのでは?

今、感染者数がTVや新聞で毎日告げられる。これらの感染者数は容体が悪化して病院に行った人が感染したとわかったり、その人からのリンクによってわかる濃厚接触者の検査で判明しているわけだ。

しかし、保菌者ではあるが無症状の人が一定数いる。その人たちは把握されているのか?

その現状を踏まえると、病院等で判明する感染者数が減ったからといって緊急事態宣言を解除してしまうと、大量の人の移動が始まって、その無症状の人からの感染が爆発しないのだろうか。

全国民の保菌状態を確認できて初めて緊急事態宣言の解除がおこなえる様に思えるのだが気のせいだろうか。

BCGワクチンが有効?

新型コロナの重症化リスクがBCGワクチンを摂取していると低くなると言う話題が世界を駆け巡っているが、仮に有効だとしても判断するのは政府であり医師なので一般人が騒ぎ立ててもあまり意味がない様に思う。

地方が安全だという神話

人口が密集した都市部よりも地方の方が安全だと言って遠征してくる輩が居るが、地方側からしたら、外国からの訪日客や帰国者と同じレベル。家でじっとしてろ。

FF7 リメイク

期待してただけに、完結しない仕様にガッカリ。

新作品ならまだしもストーリーも仕様もわかっているリメイク版で選択すべき手法じゃない。予約購入で今更キャンセルもできない。騙された気分でやる気も起きない。

やる気が起きたので週末にやったら二日もハマってしまった。

命の選択

月収50万、100万と稼ぎ税金も払わず、国民年金は無収入申請で免除し支払った事もない。ブランドを買い漁り、人生を謳歌する。新型コロナで収入が激減、無収入になって生活が困窮、窮状を訴え、国に支援を求める。は?義務も果たしていないのに助ける理由はない。政府が支援を選択するなら、後の後の後にして欲しいものだ。新型コロナが収束したら、きちんと徴税できる仕組みにしないと、義務を果たしている者がバカを見る。

繁華街

接待を伴う店で働く人たちは仕事がなくなり、助成も受けられない、家賃や生活費が無くなり大変困っているという話をきく、平時のときは稼ぐだけ稼いで納税もせず国民年金保険料は収入が無いという理由で免除を使う。まじめに納税もして保険料も支払っていた子は助けてあげればよいと思う反面、今までずっと義務もなにも果たさない人たちを助ける理由はあるのだろうか。疑問である。