緊急事態宣言の解除

緊急事態宣言が解除される根拠に疑問がある。

5月6日は延長されると思う。むしろ来年くらいまで続くのでは?

今、感染者数がTVや新聞で毎日告げられる。これらの感染者数は容体が悪化して病院に行った人が感染したとわかったり、その人からのリンクによってわかる濃厚接触者の検査で判明しているわけだ。

しかし、保菌者ではあるが無症状の人が一定数いる。その人たちは把握されているのか?

その現状を踏まえると、病院等で判明する感染者数が減ったからといって緊急事態宣言を解除してしまうと、大量の人の移動が始まって、その無症状の人からの感染が爆発しないのだろうか。

全国民の保菌状態を確認できて初めて緊急事態宣言の解除がおこなえる様に思えるのだが気のせいだろうか。

地方が安全だという神話

人口が密集した都市部よりも地方の方が安全だと言って遠征してくる輩が居るが、地方側からしたら、外国からの訪日客や帰国者と同じレベル。家でじっとしてろ。