地方が安全だという神話

人口が密集した都市部よりも地方の方が安全だと言って遠征してくる輩が居るが、地方側からしたら、外国からの訪日客や帰国者と同じレベル。家でじっとしてろ。

命の選択

月収50万、100万と稼ぎ税金も払わず、国民年金は無収入申請で免除し支払った事もない。ブランドを買い漁り、人生を謳歌する。新型コロナで収入が激減、無収入になって生活が困窮、窮状を訴え、国に支援を求める。は?義務も果たしていないのに助ける理由はない。政府が支援を選択するなら、後の後の後にして欲しいものだ。新型コロナが収束したら、きちんと徴税できる仕組みにしないと、義務を果たしている者がバカを見る。

繁華街

接待を伴う店で働く人たちは仕事がなくなり、助成も受けられない、家賃や生活費が無くなり大変困っているという話をきく、平時のときは稼ぐだけ稼いで納税もせず国民年金保険料は収入が無いという理由で免除を使う。まじめに納税もして保険料も支払っていた子は助けてあげればよいと思う反面、今までずっと義務もなにも果たさない人たちを助ける理由はあるのだろうか。疑問である。

休業手当

休業手当を補助すれば、雇用が守られると思っている国。

給与は先払い。助成は後払い。手元の資金が無ければ、解雇もやむを得ない。雇用を守りようがない。国の助成は窓口がパンク状態ですぐに支援は受けられない。営業自粛が先攻で稼ぎがなくなり、雇用を維持しろと言う。

無理だろう。アホか。

無担保無利子融資も結局返す必要がある。経済がV字回復する。させると酔いしれている。自粛要請に対する損失補償もできない国。現金給付も限定的な対応しかできない支援。それで国民の消費をV字回復させるほどの事ができるのか、甚だ疑問である。

多くの企業が、特にサービス業が休業を決めた背景にあるのは、国や自治体の要請に従うと言うより、むしろ営業してても客が来ないから、いっそ閉めたほうが得策なだけだ。

関東首都圏など一部の自治体に緊急事態宣言を出しても、全国に客がいる企業は、休むに休めない。国が考えているほど単純にV字回復なんかしない。一度閉めたら戻すのはかなり難しい。

休業にはかなり無理がある。

布マスク2枚

一世帯あたり、再利用可能な布マスク2枚を配布。ってどうなの?と言う思いもあるが、少なくともそれで1人は使い捨てマスクを使う必要がなくなる。人口が1.3億人居るとすれば5000万人分のマスクが一時的に確保されるわけだから、どこに行っても買えないマスクの不足感は和らぐようにも思える。一時的にせよ、そういう雰囲気が作り出せれば、マスク不足が解消されるのではないかっという期待感もある。

一人10万円

所得制限などの条件なしで一人当たり十万円給付なら経済効果抜群。しかし収入が減った人に対する補填でしかないなら、経済効果は生まない。新型コロナ収束後はぜひとも一人あたり十万円を給付してください。収入が高いほど十万円の価値は下がりあぶく銭のごとく経済を回します。十万円に価値を感じる人ほど貯蓄に回ります。

営業しない営業

東京都は歓楽街の自粛要請を出しましたが、既にまったく行っていません。窓がないし、密閉空間だし、接客近いし、そもそもキャバ嬢は38度くらいの熱じゃ休まないから危険度MAXです。今更?おせーよ。こんな時期だから、営業しない営業を信条にしているはずのキャバ嬢からたくさん営業LINEが来ます。しかし、こんな時期に誘ってくる奴から順番にブロック削除。むしろ、来ないでって言うやつの方が助けてやりたくなります。もっとも収束するまで1秒も行く機会はありません。

30兆円は観光に向かわない

政府が新型コロナ経済対策で30兆円のバラマキ支援を検討しているようだが、そもそも観光業にお金が向かうためには新型コロナの終息が大前提で、お金だけバラまいても自己満足マスターベーションでしかない。パンデミックで世界各国が凄いことになっているのにも関わらず、一度下げたら上げられないからっと減税は考えないそうだ。生産性が無くなったら、その税金も納税されなくなるんですけどね。

弱者救済

新型コロナウイルスによって株価は大暴落し、自粛、自粛で人の往来がなくなり経済は混迷を極めている状況です。

それでも時の権力者たちは弱者救済と言い、母子父子家庭や子育て世代を支援すると言います。

いやいや、ここにきてはもはや国民すべてが弱者でしょう。一部の人だけに支援するのではなく消費税を徴収しないとか、所得税を大幅に下げるとかして欲しい。

とにかく国民すべてに支援してください。

この惨状になってもいまだ所得制限ですか。

まじめに社会保険料や年金、納税している国民が馬鹿をみる状況ですよ。